風俗利用の危険度は高い

風俗を利用する場合、危険な事は堅気じゃない方とのトラブル、警察沙汰、病気の3つでしょう。どうしたら未然に防げるのか考えてみたいと思います。

ヤクザさんと揉めない


まず、堅気ではない方とのトラブルの防止方法。風俗店はやはりというかイメージ通り、堅気ではない方々が裏についている事も多いです。その為、トラブルになるとヤバいというイメージですが普通のお店を普通に利用する分には特に危険な体験などはないでしょう。危ないお店はやはり雰囲気で分かるものです。店舗型なら道で呼び込みをしている(違法です)派遣型なら、連絡先が携帯電話しかないなどを見極めポイントにしてみて下さい。

警察のお世話にならない方法


続いて警察沙汰。こちらは18歳未満の女の子からサービスを受けてしまった場合に起こります。風俗店を利用するという事は18歳以上と思って利用する訳ですから、こちらに非はありません。重大な過失以外でしたら買春法に触れる事もないでしょう。しかし女の子から年齢を聞いてしまった場合はアウト。どんなに幼く見えても年齢など聞かないようにしましょう。

最後に病気ですが、こちらはかなり難しいです。店によっては、きちんと検査を受けている事を宣伝にしている所もありますが、確認のしようがありません。完全に防ぐには、風俗を利用しないのが一番ですが、それでは話が違ってきますね。自分の体調が優れない日は利用を控えましょう。ある程度の病気までは自己免疫力が守ってくれます。そもそも元気がない日に風俗を利用する人も少ないかもしれませんが。

以上の事を参考に安全に風俗利用して下さい。